• gaokatokyoevent

2021年首都圏同窓会に向けて

2021年首都圏同窓会実行委員長の 林 慎一郎(高44回生)です。(在校時は剣道部でした)


首都圏同窓会は、これまでの先輩方の努力により福岡の同窓会に肩を並べる規模になりました。

例年700名近い参加者が集まるなど、大きな盛り上がりを見せるイベントであると同時に、福岡を離れた卒業生が、筑紫中(旧制)・筑紫丘高の名のもとに旧交を温める、非常に貴重な機会となっています。


残念ながら、昨年は新型コロナウイルスの影響により同窓会が中止となりましたが、我々44回生は、無念にも中止の判断をせざるを得なかった43回生の先輩方の想いも受け継ぎ、準備を開始しました。


今年の首都圏同窓会は、コロナによる各種制約が続くことを前提としつつ、その中で何ができるのかを検討しています。従来の大規模宴席を前提とするような形式にとらわれず、皆さまに「ガオカ愛」を感じる『機会』を提供したい、という想いで11月の開催に向け準備を進めています。


全国的に予断を許さない状況は続いておりますが、

A)人数制限を前提とした集合形式(飲食なし等の万全な感染防止策を実施) + オンライン

B)完全オンライン

という複数のシナリオを念頭に準備しており、6月以降、改めて日時等のご案内をさせて頂きたいと考えています。

なお、Aの場合、希望される全ての方に会場にお越し頂く事は難しい(=人数制限)可能性があります事、ご理解いただけますと幸いです。


「コロナ禍という困難な状況下であっても同窓会という機会の提供は可能」であること、そして「同窓会の火は消えていない」というメッセージを発信することで、後輩世代にもしっかりバトンをつなぎたいと思います。

首都圏同窓会(ガオカOB・OG)の皆さまには、ご理解ご協力を頂きたく、今後の44回生からの情報発信をお待ちいただけますようお願いいたします。


首都圏同窓会実行委員長

高44回生 林 慎一郎


オンライン(Zoom)実行委員会の様子

152回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示